【情報】業務停止命令(経済産業省)

 経済産業省は、連鎖販売業者である株式会社バイオシーパルス(福岡市)に対し、5月28日から11月27日までの6か月間、連載販売に関する勧誘、申込み受付及び契約締結に係る取引を停止するよう命じました。  認定した違反行為は、不実告知、断定的判断の提供、迷惑勧誘並びに概要書面及び契約書面の不交付です。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クリエイターのための契約(14)

 この話、どこまできてたのやら... 請負と委任の話でしたね(厳密には、「準委任」ですが。)。  請負の場合は「報酬を支払うことを約する」〈民§632〉と条文にありますので、報酬を受けることが前提ですが、委任の場合はそのような規定がありません。 委任については、「受任者は、特約がなければ、委任者に対して報酬を請求することができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日のコドモたち ~亀の甲より年の功~

学校の宿泊学習(2泊3日)から帰ってきてお疲れのご様子のK君。 塾を休むべく、塾に電話をした。 しかし、対応したのはY先生という長老(おっと、失礼)の先生。 「まぁ、ちょっと休んでから来なさい。」などなど、そう簡単には休ませない。 その後授業にやって来たK君。「塾の先生は手強い...」 とは言いながらちゃんとやって来たK君…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデンウィークなんて、関係ないっ!?

 皆さんは、ゴールデンウィークは満喫されていますか?(又は、満喫しましたか?)  5月3日は「憲法記念日」、5月4日は「みどりの日」、そして5月5日は「こどもの日」、という祝日ですね。  ところで、なんで祝日なのでしょうか?(笑)  で、今年は5月6日(火曜日)が振替休日になっていますが、なんで?  答えは!  「国民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【情報】改善指示(経済産業省)

 経済産業省は平成20年5月1日付けで、いわゆる出会い系サイトを有償で運営している通信販売業者である有限会社メディアテクノロジー(東京都港区)に対し、役務の対価について、実際のものよりも著しく有利であると誤認させるような表示をしていたとして、このような表示をしないよう指示を出しました。  認定された違反行為は、誇大広告〈特定商取引法第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

著作権(30) 著作権Q&A

Q.  特に、ブログにおける著作権上の想定される問題点があればお伺いしたい。 A.  今や、1億総クリエイターと言われるように誰でもが創作者となり、発信者になることができます。  しかし、一方で、著作権の知識がどこまできちんと浸透しているのか、疑問を感じます。 (まぁ、自転車に乗っている人の、どれくらいの人が、道路交通法を知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「原状回復」と「敷金」

 ちょうどこの時期は、大学の卒業や転勤などで引っ越して、新居での生活も落ち着いてきたころではないでしょうか。  ところで、賃貸に住んでいた方、あるいは今回、賃貸に住むようになった方、しっかりと契約書等を読まれましたでしょうか??  明け渡しの際に特に問題になるのは、「原状回復」と「敷金」です。  「敷金」とは、賃料等の債務を担…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

著作権(29) 続・著作権の登録制度

 著作権登録制度について、「登録しなければ第三者に対抗できない」〈著作権法第77条〉ということを書きましたが、これについて補足します。  皆さんは「不動産の登記」はご存知だと思います。  例えば、AさんがBさんから不動産(土地・建物)を購入したとします。  ところが、その後Bさんは同じ不動産を、Cさんにも売ってしまいました!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

権利のための闘争

 これは、特に交通事故の被害者の方からのお話で感じることですが、被害者の方は、自分は被害者なのだから、加害者側あるいはその加害者が加入する保険会社が誠意をもって対応するのは当然のことであり、損害賠償も十分にしてくれる、そう思ってる方が多いようです。  心情的に分からないことではありません。  しかし、残念ながらそうなっていないのが実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

著作権(28) 著作権の登録制度

 日本では(とういうか、世界のほとんどの国では)、著作権の成立については登録等の手続を要せず、創作したときに始まります。  これを、「不要式主義」と言ったりします。  この点は特許権や意匠権等と大きく異なるところです。  しかし、著作権についても「登録制度」はありますが、あまり利用されていないのが実情ではないでしょうか。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

徳治昭童画展 ほっこりワールド2

私の友人の童画家・イラストレーターの徳治昭さんが、ポストカードブック第2弾の出版を記念して、個展を開催します。 場所は大阪市北区山崎町にある、パステル・ハウス Mです。 お近くにお越しの際は、ぜひ寄ってみてください! 日時:2008年4月15日(火)~20日(日) 11:00~19:00(但し、土曜日と最終日は17:00まで) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「おふくろさん」騒動の行方

 今年の4月6日、作詞家の川内康範氏が亡くなられた。  川内氏については、昨年に起きた、森進一との「おふくろさん」騒動が記憶に新しい。  川内氏が作詞した「おふくろさん」の歌詞の冒頭に、森進一が勝手にセリフを加えた、として、川内氏が森氏には二度と「おふくろさん」は歌わせない、としたできごとである。  「おふくろさん」の歌詞にセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(>_<) 起きよ~

う~む。 休みすぎた。 そろそろ起きましょうかねぇ... そろそろ桜の季節も終わりで... 「散る桜 残る桜も 散る桜」とは、どこからの「引用」になるのかな? さて、今年度も行政書士として、がんばりますか...
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳治昭童画展 ほっこりワールド

私の友人の童画家・イラストレーターの徳治昭さんが、展覧会を開催します!(徳さんのHP 近くまでお越しのお方は、ぜひのぞいてみてください。 この寒い季節、ほっこりさせられることうけあいです! 日時  2007年12月2日(日)~8日(土)      午前11:00~午後7:00 但し、最終日は午…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

で、行政書士って、何する人?

で、行政書士って、何する人? という、このブログのタイトルにもなっている、この質問に対して。 さて。 結局、この問いに対する答えは、通り一辺倒なものにしかならない、と改めて思いました。 曰く、「役所に出す書類を作成します」「許認可の書類の作成と、提出の代行をします」「契約書を作ります」... それで、行政書士って…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

こんな商法に気をつけよう!(16) 「業務提供誘引販売取引」その11

(つづき)最後に、損害額の上限についての規定を触れておきましょう。  契約の解除等に伴う損害については、上限が定められています。  例えば、契約の解除にあたって、「当該商品又は当該権利が返還されなかった場合」には、「当該商品又は当該権利の販売価格に相当する額」に法定利率による遅延損害金の額を加算した額であり、これを超える部分につ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【情報】業務改善指示等(東京都)

 東京都は、平成19年9月13日付けで、高齢者宅を訪問して判断力不足の高齢者に強引に布団等を販売していた有限会社ユウシン(神奈川県相模原市)に対して、特定商取引に関する法律第7条に基づく業務改善指示処分及び条例第48条に基づく勧告を行いました。  認定された違法行為は、販売目的隠匿、不備書面交付、不実告知、適合性原則(顧客の知識、経験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリエイターのための契約(13)

 ところで、クリエイターの契約では、「請負契約」と「委任契約」が多いのではないかと思います。  「請負は、当事者の一方がある仕事を完成することを約し、相手方がその仕事の結果に対してその報酬を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。」〈民§632〉  これに対して、「委任は、当事者の一方が法律行為や法律行為でない事務を相…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

こんな商法に気をつけよう!(15) 「業務提供誘引販売取引」その10

(つづき)「業務提供誘引販売取引」において交付される書面は、「概要書面」と「契約書面」の2種類がありました。  今回は、「契約書面」について説明します。  業務提供誘引販売取引についての契約をした場合には、遅滞なく、業務提供誘引販売契約の内容を明らかにした書面(契約書面)を交付しなければならないとしています。  この「契約…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

著作権(27) 著作権Q&A

Q. 盗作や模写などで著作権者の利益を損なわせる行為以外で、著作権侵害にあたる行為はありますか。 A.  まず、盗作や模写、というものは、著作権法上「複製権」の侵害に該当すると考えられます。 ということで当然、これらは著作権侵害にあたりますし、それにより著作権者に利益を損なわせる場合があります。  では、これ以外で、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more